la CASAの社風・文化

ラ・カーサのこれから

  • ラ・カーサのこれから
  • ラ・カーサのこれから
  • ラ・カーサのこれから
  • ラ・カーサのこれから
  • ラ・カーサのこれから
  • ラ・カーサのこれから

建築、不動産、ライフスタイル、経済、社会システム、歴史、法律、メディア、ブランドデザインなど、さまざまな分野の知見を「未来デザインラボ」に集め、その知見をこれからの家づくりにフィードバックしていく。それこそがラ・カーサの考える未来志向の家づくりです。ラ・カーサでは、人や社会のこれからを考え、未来における理想の家を構想していきます、暮らしのすべてに関わる家だからこそ、より広い視点から家づくりを考えます。

未来デザインラボ

  • 未来デザインラボ
  • 未来デザインラボ
  • 未来デザインラボ
  • 未来デザインラボ
  • 未来デザインラボ
  • 未来デザインラボ

未来デザインラボとは、住宅会社「ラ・カーサ」とともに、建築設計事務所「間宮晨一千デザインスタジオ(1/千) 」、マッチングプラットフォーム「SUVACO」が運営する団体で、「未来の暮らしはどうあるべきか?」、「これからの豊かさとは何か?」ということを問い、考え、実践していく研究所です。一般の方々も聴講者として参加しながら様々な専門分野のお話を伺い知識としてストックするオープンラボ、学生たちと一つのテーマについて考え知識を深掘りするオープンゼミ、この二つを主軸とした活動を行なっています。更に、これらの活動から得られた知見を元に、地元の方々や企業と意見交換しながら、新たなプロジェクトの企画・運営を行います。例えば、「これからの未来を担う若い世代にこそ、未来の姿を構想してほしい。」 そんな思いのもと、学生コンぺの企画・運営や、産学協同でのワークショップの企画・運営など、地元の大学・企業・専門家を巻き込みながら、地元の未来、暮らし、働き方などをともに創っていきます。

家づくりの哲学

  • 家づくりの哲学
  • 家づくりの哲学
  • 家づくりの哲学
  • 家づくりの哲学
  • 家づくりの哲学
  • 家づくりの哲学

ラ・カーサの源流は創業1902年、熊沢木材にあります。それから117年。ラ・カーサは家づくりにおいて足を止めずに時代を読み、地域に根ざした家づくりを脈々と続けてきました。私たちは「家」を、暮らしのすべてを包むもの、もしくは人生を受け止める器として捉えています。建物に合わせて生活が始まるのではなく、理想の暮らしから家づくりを考えることで人生を耕していくような愉しみ=JOYの溢れる豊かな暮らしが生まれるのだと思っています。日本伝統の文化と技術を継承しつつ、いつもその時々の暮らし方に呼応しているかを見極めながら進化し続けるため、ラ・カーサでは職種を越えた意見交換の場を設けたり、同じ方向を目指してよりよい家づくりを進めていくために全デザイナーやスタイリストが実際の竣工物件に集まりレビューをする場を設けています。すべてはお客様の理想の暮らしのため。スタッフ自身も日々進化です。

現場主義

  • 現場主義
  • 現場主義
  • 現場主義
  • 現場主義
  • 現場主義
  • 現場主義

家づくりにおいてなくてはならない存在、それがエンジニア(工事監督)です。一邸たりとも同じ家がないオーダーメイド。しかも細部のディテールにまでこだわるラ・カーサの家。それは現場の職人の高い技術と、それを支えて取り仕切る監督の能力の高さによって実現されています。担当物件のコンセプトを理解し図面を読み解き実施図へ反映する。そういった事前の準備とITを活用した現場への的確な指示。これこそがラ・カーサの現場力です。ラ・カーサがデザインにこだわり続けられるのも、工事監督のおかげといっても過言ではありません。

オーナー様との絆

  • オーナー様との絆
  • オーナー様との絆
  • オーナー様との絆
  • オーナー様との絆
  • オーナー様との絆
  • オーナー様との絆

家はお引渡しをしたら終わりではありません。ラ・カーサのモノづくりや暮らしへの考え方に共感していただいたオーナーさまとの絆はとても大切なもの。我が社の“宝”です。そんなオーナーさまへの感謝の気持ちを表す場であるお引渡し後のお食事会や、オーナーさまにお声をかけて行なっているBBQパーティーは、オーナーさま同士、またスタッフとの親睦が深まる素敵な時間です。また住まわれてからの率直なご感想やご意見も伺える大切な場となっています。お引き渡し後もよいお付き合いが続けていけるよう日々試行錯誤中です。

社長の“JOY”

  • 社長の“JOY”
  • 社長の“JOY”
  • 社長の“JOY”
  • 社長の“JOY”
  • 社長の“JOY”
  • 社長の“JOY”

春日井店の入り口にあるベスパ、江南店のガレージあるMGB、安城店では鳥かごに閉じ込められたインゴマウラーのBirdie、各店にある子どもサイズのベアブリックたち、“西の魔女が死んだ”の映画ロケで実際に使われていたキッチンストーブなど、オフィスにはウィットに富んだ楽しいことが大好きな社長の“遊び心”が散りばめられています。

働くを楽しむ

  • 働くを楽しむ
  • 働くを楽しむ
  • 働くを楽しむ
  • 働くを楽しむ
  • 働くを楽しむ
  • 働くを楽しむ

仕事は仕事で妥協せずプライドを持って全力でこなすラ・カーサスタッフですが、それと同じだけ仕事以外の楽しみにも全力を注ぐのがラ・カーサスタッフです。普段はなかなか顔を合わせないスタッフ同士の交流の場として年に2回開催するBBQ。年に1度ある海外研修では普段見られないスタッフの一面を見られることも(笑)。メリハリをつけて仕事をすることがラ・カーサらしさです。

暮らしを愉しむ

  • 暮らしを愉しむ
  • 暮らしを愉しむ
  • 暮らしを愉しむ
  • 暮らしを愉しむ
  • 暮らしを愉しむ
  • 暮らしを愉しむ

ラ・カーサでは日々の暮らしを少しでも豊かに愉しんでいただきたいという想いから、体を内から整える薬用ハーブ講座や暮らしのワンポイントにぴったりのフラワーアレンジメント教室、DIYシリーズなど様々なワークショップを企画しています。

暮らし事業

  • 暮らし事業
  • 暮らし事業
  • 暮らし事業
  • 暮らし事業
  • 暮らし事業
  • 暮らし事業

私たちの志事はお客様の“JOYある豊かな暮らし”のお手伝いをすることです。
ラ・カーサではオーダーメイドの家づくりの他にライフスタイル事業として
こだわりの手仕事から生まれる生活道具の店”tsunagu by la CASA”
優しく楽しい時間を提供する”tea house la CASA”
もてなしの心を大切にするオーダーメイドウエディング“la CASA Wedding”
を行なっています。

ラ・カーサのある場所
閉じる