ニュース
1902.08.25

「耐震等級3」とはどんな家?

Share
  • LINE
  • Facebook
  • G+

全棟許容応力度計算による構造計画を実施し、耐震等級「3」がla CASAのスタンダード。

耐震

大切な家族が長く暮らす家だからこそ、「耐震性」にこだわった安心の家づくりは、建築に携わる者としての使命だとla CASAは考えています。 la CASAは《性能評価》や《長期優良住宅》といった公的基準が定められる以前から、 ・全棟地盤調査 ・全棟構造計算 を実施しており、お客様に安心と安全をお届けしてきました。

設計的な着眼からすると、一棟一棟自由設計で、デザイン性の高い空間を実現しながら、耐震性最高レベルの等級を出すことは決して簡単なことではありません。 柱や壁を多くすれば耐震性能は簡単に上がります。しかし、耐震性だけを重視すると、居心地の良い伸びやかな空間や視線の抜けの確保が困難になります。

耐震等級3を確保し、開放的で心地の良い空間を実現できるのは、豊富な経験と技術力を持つla CASAのデザイナーと、構造計算のスペシャリストとの連携が成せる技なのです。

次は「構造計算」について>>

Share
  • LINE
  • Facebook
  • G+