品質・保証

「JOYある豊かな暮らしを楽しむ」ためには単なるデザインが良いということだけでは成り立ちません。
いくらデザインが良くても耐震に不安がある、寒すぎる、暑すぎる、湿度が高いなど住むということがしづらい家では意味がありません。
品質に裏打ちされてこそ心の豊かさは
舞い降りてきます。

ラ・カーサは、デザイン性の高さを保ったまま、品質にもこだわった家づくりを実現しています。

長期優良住宅仕様

耐震性、耐久性能、維持管理・更新の容易性、省エネルギー性、居住環境、
維持保全のあらゆる面から、長期にわたり良好な状態で使用するための対策がなされた優良な住宅、それが「長期優良住宅」です。
ラ・カーサの家は、全棟100年持つ長期優良住宅仕様、またはそれ以上の基準を標準としています。

耐震性/耐久性へのこだわり

ラ・カーサの家は、耐震性・耐久性を高めるために、全棟構造計算を行なっていることはもちろん、素材、工法など全てにおいて強い住宅を作ることにこだわっています。

  • 耐震等級3基準の構造計算
    (許容応力度計算)

    ラ・カーサの家は全て耐震等級最高レベルの「耐震等級3」基準で構造計算しています。
    大切な家族が長く暮らす家だからこそ、目に見えない住まいの 「耐震性」にこだわった安心の家づくりは、建築に携わるものとしての使命だと考えています。

    全棟地盤調査を実施し、地震や災害に強い高度壁倍率4.0の壁、品格法最高レベルの「床倍率3」の床など、高いデザイン性を維持しながらも、耐震性能に関しては常に最高レベルであることをお約束します。

  • パワービルド工法(オプション仕様)

    在来工法の良さはそのままに、立体解析と許容応力度計算により信頼性のさらに高い耐震性と耐久性を実現しています。
    また、強度を上げるために使用する接合金物はジオメッド処理してあるため抜群の耐久性を誇ります。

    ※ジオメッドは日米欧州の自動車メーカーも採用しているクロムフリーの防錆処理で、一般的な電気亜鉛メッキや溶融亜鉛メッキの数倍の性能があります。

  • 強度に優れたエンジニアウッド

    エンジニアウッドは、反る、曲がる、亀裂が入るといった無垢材の欠点をカバーし、JASの厳しい試験で認められた環境にも優しい集成材です。
    家づくりに耐震性や強度の安全性を求めるために、ラミナーの段階から曲げ強度試験や不適当な部分を取り除く品質管理を行っています。

  • 不同沈下にも強い高耐久なベタ基礎

    一般的に家の基礎はベタ基礎・布基礎の二種類に分けられます。
    ラ・カーサでは、家の重みや地震や台風などによる荷重にも耐えうる基礎として「ベタ基礎」を採用。

    このベタ基礎は、建物の立つ範囲の地盤全てに鉄筋をサイの目に組み上げ、ベースにコンクリートを平らに流し込みます。
    建物の範囲全てに流し込むことによって、住宅に掛かる力を分散させ、住宅全体を支える工法です。
    住宅の重み・地震・台風など様々な力から住宅を守ります。

  • 高倍率耐力壁

    地震や災害に強い高度壁倍率4.0を実現。長期優良住宅基準項目対応商品で、湿気を逃がす高い透温性を誇ります。
    厳しい気候変化や白アリにも強い耐久性です。100年住み続けられる家として、地震に強いのはもちろんのこと、劣化しにくい家であることも大変重要視しています。

  • 品格法最高レベルの「床倍率3」

    ラ・カーサの家の床は、建物の水平剛性を保つため、品格法最高レベルの「床倍率3」を標準としています。
    厚さ24㎜合板を150㎜ピッチの釘で梁に直接打ちつける剛床は、一般木造住宅の床に比べ、地震の力による床の「ねじれ」 や「ゆがみ」に強く、地震の横揺れに強い躯体を実現します。

  • 木造住宅を長持ちさせる外壁通気工法

    木造住宅の大敵である壁内の湿気は、建物の内外から侵入します。
    外壁通気工法は、柱(軸組)と外壁材の間に空気が流れる隙間(通気層)をつくることによって、壁内の水分を放出するという工法です。
    外壁下面の換気口から入った空気は、通気層を上昇して軒裏から排出さていきます。

    さらに通気層の内側(軸組の外側)に、湿気は通すが水は通さない透湿防水シートを正しい手順で張ることによって、外からの水の侵入を防ぎ、壁内の湿気は通気層へ放出さ、結露ができにくい住まいが可能となります。

次世代省エネ基準を満たす断熱性能

次世代省エネ基準は暖冷房用のエネルギー消費量が、従来の基準より20%削減することを目的とした基準です。
ラ・カーサは、この基準以上の家を実現し、エネルギー消費量も抑えた快適な家をご提案しています。

  • 吹付け硬質ウレタンフォーム(標準仕様)と
    セルロースファイバー(オプション)

    セルロースファイバーは、再生紙から作られる環境配慮型断熱材です。
    エコロジーかつ安全でありながらも、高い断熱性、調湿性を持ち、万が一の火災にも強く、延焼と有毒ガスの発生を防ぐ断熱材です。

  • アルミ樹脂複合インテリアサッシ

    快適で美しい空間を創造するラ・カーサの窓では、アルミ樹脂複合インテリアサッシを標準で採用しています。
    ライフスタイルの違いを超えて、あらゆる人に望まれる基本性能を徹底追求。開口部だけでなく、住まい全体の快適性を向上させます。

    室内側に熱伝導率の低い樹脂形材、室外側に耐候性・耐久性に優れたアルミ形材を採用。異なる2つの素材の特長を活かし一体化させた複合構造により、高い断熱性を発揮します。
    住宅の省エネルギー化はもちろん、躯体内結露を防ぎ、住宅の長寿命化にも貢献します。

  • 遮熱高断熱型Low-E複層ガラス

    省エネ効果の高い遮熱高断熱型Low-E複層ガラスを採用
    Low-E複層ガラスは、単枚ガラスと違い、室内側と室外側で2枚のガラスを組み合わせたガラスで、
    ガラスとの間に層ができるため断熱性に優れ、お部屋の快適な暖かさや涼しさを逃がさないし、外の影響も受けにくいので、 冷暖房に使うエネルギー効率が高くなります。

    家計はもちろん、地球環境への配慮にも繋がる高機能なガラスです。

複数機関よる検査体制

よりよい家づくりを目指すラ・カーサでは、品質精度を保持するための仕組みとして、過去数百棟の施工実績から培い築き上げてきた、
手引書「ラ・カーサ標準マニュアル」に基づき、確実な施工を徹底。

その上で、社内、行政、住宅瑕疵担保責任保険(JIO)と共に、複数の目による検査体制を実施しております。

  • 定期点検の実施

    お引き渡しが完了した後のアフターメンテナンスを充実させております。
    3ヶ月、1年、2年で点検のご案内をしており、ご希望の方のお宅へお伺いし、訪問メンテナンスを行っております。

  • 自社による10年保証

    構造体(基礎・壁・屋根)の破損や変形、水廻り部の漏水透湿による構造体の損傷については、10年間の保証。 防水に関しても10年間の保証を実施しています。

    お引渡しの際に、「保証書」を発行させて頂いており、さらに構造躯体の保証については、10年目に弊社が必要と認める有料メンテナンス工事を行った場合、10年の保証延長を行います。

  • 瑕疵保証(JIOわが家の保険)への加入

    JIOの「瑕疵担保責任保険」は特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律に対応する保険です。新築を購入した後に構造上の事故や欠陥があったとき、一定の補修費用が保険金として支払われます。

    新築住宅を供給した事業者が住宅瑕疵担保保険責任に基づき修補を行い、修補費用の一定割合を保険金としてお支払いします。

  • 協力業者との定期勉強会の開催

    ラ・カーサは、「今がベストだと満足しないこと」という意識のもとに、常に設計・施工に対して現状の見直しをかけ、各部署の連携をとって改善を図っています。

    毎月行われる協力業者会と、その後の勉強会(ラ・カーサでは"分科会"と呼んでいます)で共有されます。

ラ・カーサのある場所
閉じる