イベント・セミナー

naonao 裂き織り展

会場 : ラ・カーサ多治見 / tsunagu naonao 裂き織り展
  • 開催日 11/18(月)~12/10(火)
  • 時間 11:00~18:00
  • 会場 ラ・カーサ多治見 / tsunagu MAP
Share
  • LINE
  • Facebook
  • G+

tsunagu多治見店で開催いたします裂き織り展をご案内します。

「裂き織り」は、使い古した布を細く裂き、織りこみ、再生する織物のことです。  一点一点、作品イメージに合った着物を選び、ほどき、裂き、織り、仕立てる。手間ひま掛けた工程を経て、ひとつひとつ丁寧に作られていきます。

横糸に古い着物を裂いたものを使い、経糸には仕立てる作品に合わせての配色のみならず、洋服なら軽くて発色の美しい絹糸を、バッグなら強度を上げるため木綿糸を二本取りして使い、使っていただくお客様のことを想い、心を込めて織り上げ、その美しい唯一無二の柄を活かしたデザインで仕立て上げます。

そんな作品づくりを続けているnaonaoの梅村直さんの作品は、シンプルで個性的。丈夫で軽く、使い続けるとますます優しい風合いになり、長く愛着を持ってお使いいただけるものばかりです。

古い着物から再生されるnaonaoの裂き織り作品を通して、素晴らしい日本の伝統着物にも想いを馳せていただけたら幸いです。

展示・販売期間 11/18(月)〜12/10(火)

11/21(木)と11/23(土)は作家が在廊。

お手持ちの着物によるオーダーメイドのご相談や、

ワークショップ「着物生地で作る丸織りブローチ作り」も予定しております。

開場時間    11:00~18:00

会  場 ラ・カーサ多治見 / tsunagu
岐阜県多治見市本町5-15-2



作家プロフィール

梅村 直 Nao Umemura

学生時代に北欧の組織織りを学ぶ。現代では再現できないほど手間と時間をかけて作られた日本の古い着物が、織りを通じて蘇る瞬間に心が躍り、、、細く裂いた着物の生地を糸の代わりにして織る伝統技法「裂き織り」の世界へ。2012年naonaoを開業。

「古き良きものを、新しい感覚で蘇らせる」をコンセプトに、素材本来の美しさを「裂き織り」の技法で蘇らっせ、正方形のバッグや円柱のバッグなど、シンプルながらも個性的、さらに使い勝手もしっかり考えられた作品づくりが特徴。

モノトーンの生地から作ったこのバックはとても軽く、A4ファイルがすっぽり入り肩にかけることもできます。この他にも円柱のバックなど面白くて使いやすいバックなどの個性的な作品が並びます。

 

こちらはご依頼主の思い出のお着物から裂き織りで作ったオーダーメイドのバック。赤い部分は今では大変貴重な紅絹(もみ)を切り裂いて織り込んでいます。
 
 
 
梅村さんの感性で古い着物の生地が素敵な日常使いの作品に生れ変ります。