ラ・カーサ エレメント

la CaSa ELEMENT

家を建てる。それは単に家族と暮らす場所をつくるだけの行為ではない。
その地で暮らすということは、その地とともにしあわせになること。
建物を織りなす素材も、そんな視点で選ぶと、家づくりはもっと豊かなものになるはず、とラ・カーサは考えます。
この地域が持つ伝統・技術・自然に裏打ちされた素材は、毎日の暮らしを美しくします。
それだけではなく、暮らし自体が、地域と共生し共鳴していく。愛知に根ざす材木商としての出自を持つラ・カーサ。
素材へのそうした審美眼は、変わることなく、脈々と受け継がれています。

この地の素材で、この地と暮らす。

ラ・カーサを織りなす、
物語のある素材です。

織部製陶

外壁タイル・レンガ

古田織部の精神を、現代に受け継ぐ匠。

設計者が想い描く、唯一の建物を生み出したい。そうした強い想いで手仕事にこだわり、オーダーメイドでタイルやレンガをつくり続ける織部製陶。千利休を師匠に持つ武将茶人として知られる、古田織部の斬新かつ自由な精神を受け継ぎ、職人の手から生み出される唯一無二の質の高い製品を、焼き物の産地として名高い岐阜県瑞浪市でつくりあげています。

玉川釉薬

釉薬・内装タイル

釉薬に魅せられた、挑戦する職人父娘。

陶磁器の表面を覆い、艶を生み出し、様々な繊細な色彩を表現する釉薬。創業者である玉川勉は、岐阜県瑞浪市で50年以上にわたり、タイル用釉薬の職人として技を磨いてきた。微妙な配合で全く異なる表情を見せる釉薬。その奥深さに見せられた次女・尋子、三女・幸枝とともに、「創れない色はない」の言葉を胸に、釉薬の可能性を探し、試し、生み出していきます。

ウッドファイバー

木質繊維断熱材

木の力で、暮らしと、未来にしあわせを。

快適な暮らしは、もちろん大事。しかし、未来に生きる子ども達のしあわせは、もっと大事。ウッドファイバーはそんな志から生まれた、天然素材の木を原料とする断熱材。木が持つ特性が、快適で省エネな暮らしを叶えます。また北海道や地域の針葉樹を原料とするため、健全な森の循環サイクルに寄与。その上、廃材となる際も森に還る素材なので、長期にわたり地球温暖化の防止に貢献します。

国産杉・檜

構造材

国産木材で、強く、心地良い人生を。

材木商として始まり、120年以上にわたり木材と向き合ってきたラ・カーサ。家の構造体には、国産木材を使用しています。高温多湿で四季のある日本の家には、同じ気候条件で育った日本の木が最適だから。
また、日本の森林資源を活用することは、山林の健全な循環を促します。さらには海外からのタンカー輸送による環境負荷もないため、SDGsの観点からも好ましい選択肢だと言えるのです。
※一部梁材や垂木は除く

代表フリーダイヤル

0120-46-3550

タップすると電話がかかります

ラ・カーサのある場所
閉じる