Official Site

実家たより~年末編~

2013.01.12 建築
Share
  • LINE
  • Facebook
  • G+

新年の仕事始めから様々なスタッフの年末・年始ネタをお伝えしておりますが、

もうしばらくこのままお付き合い願いますcoldsweats01

 

岐阜の山深い実家で例年繰り広げられている「お餅つき」です。

 

こちらはついたお餅を入れて、とりあえず成形するためのケースです。

子供のころは、木製の「長もち」なちなるもが活躍していましたが、

彼らも老朽化し、現在はパンのトレイ、かな?

 

   ながもち.JPG      おモチ①.JPGのサムネイル画像

お餅つきをされたことのある方はご存知かと思いますが、「お餅つき」は「もち米洗い」から、つまり前日からはじまっていますmoon3

ひとつのトレイに入っているお餅は、お米2升分dash それを当日朝から蒸しあげて→つく を7セット。

これらを1日でこなす為、早朝からキッチンは蒸し器に占拠され、朝の御みそ汁のタイミングを逃すと、しばらくご飯にはあり付けませんbearing

(つまり寝坊は厳禁!!)

 

そしてこちらのイベントの主役(つく人です!)は30代後半と半ばの長男クンと次男くんrock

次男クンはこのイベントが大好きで、海外に留学していたときでも、わざわざ帰国して参加です。

つき終わった後は、お箸を持つこともままならなくなります。

 

こうして精魂込めた「K家ご謹製つきたて餅shine」は1日寝かせて成形後、角モチに切り分けれれ、

近郊の親族には父がデリバリー、その他、大人になった私たち4人兄弟が日ごろお世話になった方など

近隣から東京の麻布のこだわりイタリアンのオーナー宅など、20~30件に配送手配が繰り広げられます。

 

「お家でお餅付きなんていいね~」といわれると、そうですね~happy01と返す半面、

この一大イベントが年々拡大されていく現状に、不安を隠せない。。。今年の御正月でしたfuji

 

la kata

 

 

 

 

 

 

 

Share
  • LINE
  • Facebook
  • G+
家づくり相談
お近くのラ・カーサで新築・リノベーションについてご相談いただけます。
どんなご相談、お悩みでもお気軽にお越しください。オンラインでの相談も可能です。

家づくりを相談する