Official Site

地鎮祭豆知識

2011.02.03 未分類
Share
  • LINE
  • Facebook
  • G+

今日は節分、春が待ち遠しい今日この頃。 

先週末、天気予報は雪と報じられ、お天気の心配がされていた中、

O様邸の地鎮祭が、晴天に恵まれ、無事おこなわれました。

地鎮祭の意味については、いろいろな説がありますが、

その土地の神様を祀り、地霊を鎮めて、今後の工事の安全と、

完成後のご家族の家内繁栄をお祈りするための儀式だと

いわれています。

地鎮祭の中で行う儀式の中で、お施主様と施工業者が参加する

儀式があります。

刈初の儀。「かりそめのぎ」と読みます。 

 

これは、土地に生える雑草を鎌で刈り取り、土地をきれいにする

様子を表しています。

次に穿初の儀。「うがちぞめのぎ」と読みます。

 

これは、鍬で土地を掘り起こし、土地を平らにならし、家を建てられる

ように準備をする様子を表しています。

地鎮祭には、つきもののこの儀式。

おごそかにこの儀式がとり行われるのを見るにつけ、ようやく着工を

迎えられたなあと嬉しい半面、気が引き締まる思いです。

O様、本当におめでとうございます。

夢がたくさんつまった新居が、無事に完成する日まで、しっかりと

見守っていきたいと思っています。

 

momo

『食べること 眠ること 寛ぐこと 遊ぶこと 』 そんな家づくりをご提案する la CASAHPはこちら

Share
  • LINE
  • Facebook
  • G+
家づくり相談
お近くのラ・カーサで新築・リノベーションについてご相談いただけます。
どんなご相談、お悩みでもお気軽にお越しください。オンラインでの相談も可能です。

家づくりを相談する