Official Site

感覚の世界

2009.10.19 未分類
Share
  • LINE
  • Facebook
  • G+

10月も半ば、全国各地では紅葉も見られるところも既にあるようです。
この季節、朝夕は冷え込みますが、日中は涼しい風と暖かい太陽の光で外出には最適。

そんな過ごしやすい休日は、ちょっとドライブ
養老町へ行ってきました。



紅葉はまだまだですが、滝へと続く散策路には、
もみじ・カエデ・イチョウ・ツツジ…などの木々が並びます。

11月中旬には、山全体も赤や黄色の色とりどりに衣替えをし、
きっと美しいグラデーションを織り成すかと思うと楽しみです。


その後、同じ園内にある養老天命反転地へ。
こちらは、現代美術家荒川修作とパートナーで詩人のマドリン・ギンズの
プロジェクトを実現した公園型のモダンアート



すり鉢状の楕円形のフィールド内などに13のパビリオンがあり、
平衡感覚を狂わすような形をしています。
斜面や起伏から成り立ち、日常生活では触れる機会の少ない錯覚感、不安定な感覚を
体全体で味わうことにより、人間本来の感覚を再確認することを主要なテーマの一つとしているそうです。



確かに平衡感覚が養われそうな斜面でいっぱいでした。
ただ、日頃運動不足のせいか、息切れが…。
ですが、目を追うようなユニークな建築物に溢れたこの空間は、見どころも沢山でした。

これからの季節、紅葉が作り出す自然のアートが楽しめそうです


okada

Share
  • LINE
  • Facebook
  • G+
家づくり相談
お近くのラ・カーサで新築・リノベーションについてご相談いただけます。
どんなご相談、お悩みでもお気軽にお越しください。オンラインでの相談も可能です。

家づくりを相談する