Official Site

恵方巻きにびっくり

2016.02.03 古い記事
Share
  • LINE
  • Facebook
  • G+
節分

2月3日に、コンビニやスーパーに恵方巻きが所狭しと置かれているのを皆さんもご覧になったのではないでしょうか。

昨年以上に種類や数が増えていると思われませんでしたか?
飛騨牛巻、大間の本まぐろ巻、更にはスイーツ巻にトルティーヤ巻etc・・・
福を巻き込む食材なら何でもあり!といった感じ

d8a30b69d84cd8e115579d0f36901aaa.jpg

本来、節分は立春・立夏・立秋・立冬の前の日のことを指しています。

旧暦の七十二候では、立春の頃から新年が始り、節分はいわば大晦日。
年越し行事のような意味合いもあってなのでしょうね。

・豆まきをして、歳の数をいただく。
・鰯の頭を柊の枝に刺して玄関に立てる。
・恵方巻きをいただく。

などと、もともとは地方ごとの特徴もあった風習が、昨今は商業ベースに載って、海苔問屋の戦略か(笑)、全国的に恵方巻きは定着しているようです。


立春から始まる新しい年に初めて汲んだ水は、若水といって、健康や豊作、幸せを招く水と言われています。

まず神棚にお供えをし、それから食事の支度や洗顔に使う。また、若水で入れたお茶を福茶といって、煎茶やほうじ茶に小梅や結び昆布を入れて愉しむ。

新たな年に幸せを体内へ取り込み、心と身体をリフレッシュさせる。そんな先人の知恵がここにあります。


これはまさしく
Gentle Life,Joyful Time.
昔の方々は、生きていくのに厳しい時代の中でも、こういった暮らしの知恵を育みんでいったのですね。


気象庁の3ヶ月予報によると、この春は例年並みだとか。
来週半ばぐらいからは春の足音が聞こえてきそうですが、今週末は少し冷え込むそうです。

今週末、岩倉市での完成見学会へは、少し暖かくしてお越しくだい。




Share
  • LINE
  • Facebook
  • G+
家づくり相談
お近くのラ・カーサで新築・リノベーションについてご相談いただけます。
どんなご相談、お悩みでもお気軽にお越しください。オンラインでの相談も可能です。

家づくりを相談する