Official Site

Halloween…

2014.10.31 古い記事
Share
  • LINE
  • Facebook
  • G+

こんばんは。

 

今年も残すところ本日を除いて僅か2ヵ月となりましたね。早いなぁ。

 

そんな10月31日は皆さんご存じハロウィン。

 

日本でも10月になるとハロウィングッズがショップに立ち並ぶようになりましたが、日本にハロウィンというイベントが浸透してきたのもまだほんの10年程前のようです。

 

114349346727723528_1349255591.jpgのサムネイル画像

今日はそんなハロウィンについて少しお話をさせていただきます。

 

ハロウィンの起源は諸説ありますが、ケルト人のお祭り、「サウィン祭」を起源としているという説が有力だそうです。「サウィン」はアイルランド・ゲール語で11月を意味し、旧称を「All Hallows」と言いました。「All Hollows」の前夜、つまり「All Hallows’ Eve」の10月31日が、「Halloween」=ハロウィンと呼ばれるようになったのです。ハロウィンの発祥地はアメリカにあると思われがちですが、オリジナルはヨーロッパ、アイルランドだったわけですね。

 

ケルト人にとって10月31日=ハロウィンは1年の終わり。この日の夜は死者の霊が家族を訪ねに来たり、精霊や魔女が出てくると信じられていました。日本でいうところのお盆といったイメージでしょうか。ハロウィンに仮装をするのは、これらの霊から身を守るため、または仮装している姿を見て悪霊たちが逃げていくため、つまりは魔除けのためと言われています。

 

ハロウィンのテーマカラーといえば、やっぱりオレンジと黒。サウィン祭の日は、ケルト人にとっては収穫期の終わり、そして長く暗い冬の始まりを分かつ、境界線を意味していました。そこで、収穫を表すオレンジ、冬の長い夜や死を表す黒をハロウィンのシンボルカラーにしたわけです。

 

また、おばけカボチャの提灯、「ジャック・オー・ランタン」が欠かせないアイテムですよね。でも、実はもともとケルト人の方がランタンとして使っていたのはカボチャではなく、誰にでも簡単に手に入るカブをくり抜いたものだったと言われています。それが、アメリカにハロウィン文化が伝わった際、アメリカでの生産量が多い農産物だったカボチャに変化したのだとか。

 

おばけカボチャの「ジャック・オー・ランタン」のジャックって、一体何なんでしょうか?

 

これはアイルランドの伝説に由来します。むかしむかし、人をだましてばかりいるずる賢い男がいました。その名は、ジャック。ジャックは悪魔をだまし、死後自分が地獄に落ちないよう約束させました。実際、死後の世界では地獄へ行くことは回避できたのですが…生前の悪事をなかったことにはできず、

天国に行くことも許されなかったのです。こうしてジャックは、明りを灯した提灯を持ち、天国にも地獄にも行けずあの世とこの世の間をさまよい続ける羽目になった…ということです。

 

クリスマスやバレンタインデー、ハロウィンといったお祭りは、既に日本でも定着したお祭りとなっていますがこうして改めてルーツを探ってみるのも良いですね。

FullSizeRender.jpg

ac

Share
  • LINE
  • Facebook
  • G+
家づくり相談
お近くのラ・カーサで新築・リノベーションについてご相談いただけます。
どんなご相談、お悩みでもお気軽にお越しください。オンラインでの相談も可能です。

家づくりを相談する