Official Site

空間をタテに活かす家。「スキップフロア」のある暮らし

2021.09.07 建て方
Share
  • LINE
  • Facebook
  • G+

一見すると2階建て、でも室内に多層のフロアがある「スキップフロア」のある家づくり。1.5階といった中間層をつくることで床面積を増やすことができる上、デザインにも“特別感”が生まれます。

とくに街中での家づくりに注目されるスキップフロア、その魅力と気を付けるべきこととは?

 

 

スキップフロアは土地ありきで考えてみて

 

スキップフロアはついついデザイン性に目が行ってしまいがちですが、「土地の魅力を引き出す設計手法のひとつ」と考えるのがおすすめです。

 

例えば、「書斎や大型収納などあれこれ盛り込みたい。でも、都心の限られた敷地で、平面的な広がりのあるプランは難しい」といった場合。

階層を増やすことで延床面積をアップできるスキップフロアが、ひとつの解決策になります。またリビングを半階上げることで道路からの視線をシャットアウトできるなど、街中での暮らしにも適しています。

 

逆にデザイン優先でスキップフロアにすると、暮らし方やコストに合わないこともあります。狭小地や傾斜地によりフィットする設計だと思いますので、土地の形状に合わせて検討してみてはいかがでしょう。

 

家族が自然につながる、この一体感が格別

 

スキップフロアの魅力は、何と言っても、空間をタテに活かすことで生まれる抜群の一体感!間仕切りや壁を使わずに高さによって空間を分けるため、上下階へ目が行き届きます。

 

 

ダイニングキッチン→リビング→個室というスキップの場合、リビングにいながら子どもたちの気配が伝わるので、子育て中にも自然なコミュニケーションが図れるのではないでしょうか。

もうひとつ天井高にメリハリがつくのもポイントです。リビングの上を大きな吹き抜けにして開放感を高めれば、家族が全員集まっても圧迫感がありません。

 

 

リビング下と階段下をうまく活用して、小さな書斎にするという手も。低い天井高によって「こもり感」があるため、秘密基地のような気分で集中でき、テレワークにも適しています。

スキップフロアの家はどうしても階段が多くなりますが、その階段を「家族の居場所」にして有効活用することができます。

 

 

ダイニングとリビング間の階段幅を広げると、ベンチや本棚に大変身!本を読んだり、音楽を奏でたり、友人が遊びに来た時にも重宝しそうですね。

 

スキップフロアだと、家事動線はどうなる?

 

スキップフロアで気になるのが、家事動線の問題ではないでしょうか。スキップフロアの家では上下移動が増えますが、逆に横移動は少なくなります。考え方次第で、「家事動線が短くなる」プランも可能です。

 

まずキッチンとダイニングは食器を持って頻繁に行き来するので同じフロアでまとめるのが大前提なのですが、洗濯動線はご家族それぞれ、まさに多様化しています。

共働きで「夜に洗濯をして室内干しをする」派であれば、洗う・干すを完結できる広めのランドリー室があると断然便利。キッチンと水回りの直結という定石から離れると、スキップフロアの自由度はさらに広がります。

 

スキップフロアの家は、やはり難工事

 

スキップフロアは間仕切り壁が少なくて階層の多い複雑な構造のため、設計や施工の腕が問われます。安心して暮らせる家を叶えるためには、経験値や技術力のある建築会社選びが最も重要といえます。

ラ・カーサでは全棟構造計算を行い、複雑なスキップフロアの家でも耐震性能3相当を確保。断熱材のつながりや配管の点検口といった見えない構造部分にも徹底しています。スキップフロアの実例が多彩に揃っていますので、詳しくはスタッフまでお気軽にお尋ねください。

 

Share
  • LINE
  • Facebook
  • G+
家づくり相談
お近くのラ・カーサで新築・リノベーションについてご相談いただけます。
どんなご相談、お悩みでもお気軽にお越しください。オンラインでの相談も可能です。

家づくりを相談する