Official Site

解説「趣味ある人生を愉しむ家」

2016.01.04 解説「ラ・カーサの家」
Share
  • LINE
  • Facebook
  • G+

家とは単なる住みかではなく、理想の暮らしを叶える大切な場所

暮らしていくご家族の思いを受け取り、住まいというカタチにラ・カーサはどのようにしていったのか、そのプロセスもまじえて事例をご案内いたします。

 

趣味ある人生を愉しむ家

構  造|木造軸組構造

敷地面積|66.7坪   市街化調整区域

延床面積| 33坪

施工地域|愛知県

家族構成|30代のご夫妻+お子さん(2人予定)

 

眼下に広がる田園風景。窓に映り込む豊かな木々の緑。裏山の小鳥たちのさえずり。こちらのお住まいは、Kご夫妻の理想の家づくりのために土地探しからお手伝いをさせていただきました。

ラ・カーサでは、家づくりのご相談にご来店された方に宿題としてお渡ししている「ライフスタイルシート」というものがあります。

そこには、ご家族それぞれの生活パターンや価値観を読み取れる質問、自分自身の将来の夢や展望や、ご家族として将来こうありたい姿などをしっかりと記入していただけるようになっています。

普段なかなか自分自身に向き合って考える時間や、ご家族で将来について話し合う時間をとるのは難しいものですが、意外に次回までの宿題としてお渡しすると、みなさん真剣に取り組んできてくださいます。

もちろん私たちが直接お話をお伺いすることも大事なことです。しかしまずはご家族だけで話し合う時間をつくり、同じ方向を見ているのかを確認することが理想の家づくりの第一歩なのだと思っています。

ご相談を受けたKご夫妻のライススタイルシートには、森深く自然の恵みを感じながらのトレッキングや、お気に入りの自転車でのツーリングなど、アウトドアという共通の趣味をお持ちであること、お二人は職場もご一緒で、ともにこれからもずっとご一緒に人生を愉しみたいと思っていること、家族構成が変化しても大丈夫なように無理のない資金計画で家づくりを検討したいことなどが綴られていました。

さらにご夫妻と話し合いを深めながら、お二人の人生観やその背景になるものを理解し、Kご夫妻らしい暮らしを実現していただくために、家づくりのコンセプトとして導き出したのが「趣味ある人生を愉しむ家」です。

以下2枚の写真は、家づくりの方向性を擦り合わせる打ち合わせの中で使われた資料の一部です。まだ土地もプランも決まっていない段階で、住み手とつくり手の思いが同じ方向に向かうキービジュアルとなりました。

コンセプトにご共感をいただいたKご夫妻から「ラ・カーサと一緒に家づくりをしよう」とお申込みをいただき、ご夫妻との二人三脚で土地探しが始まりました。そして探し出したのがこの土地です。

今後の生活設計がしっかり成り立つためにも、お二人の通勤に支障がく、土地にかかる費用と理想の家づくりにかかる建築費や付帯工事、諸費用など新しい生活をスタートさせるまでにかかるであろう総費用を算出。バランスのよい資金計画をもとに、コンセプトに沿ったKご夫妻らしい暮らしができる土地を探し出しました。

お勤め先まで12キロ。車で20分ほどの距離。幹線道路から少し坂を登ったところに豊かな自然が広がる裏山を背にした場所。

2軒に挟まれて地盤の高低差(傾斜)もあるこの土地は、不動産屋の常識では売りにくい土地かもしれませんが、私たちには「趣味ある人生を愉しむ家」というコンセプトで暮らしをデザインするにはもってこいの土地に思えました。

 

この絵は、この土地に足繁く通ったデザイナーから最初に提示させていただいたイメージプランです。

そして完成したお住まいがこちらです。

ご夫妻の暮らしのリズムと生活パターン、そしてこれからの理想の暮らしを考えた上で、プランと予算に優先順位をつけたことで手に入れたお住まいです。見晴らしのよい2階リビングでは、眼下に広がるすばらしい眺めだけでなく、お隣の借景や裏山の豊かな緑がまじかに迫ってきます。

 

趣味の自転車やキャンプ用品のお手入れなど、南に向いた多目的に使える6坪ほどの土間スペースは、右奥にたっぷりの土間収納を備え、小上がり上のホール両サイドには大型クローゼットを設け、「そのままキャンプが始まるような空間」が実現しています。

リビングと一体となったアウトドアリビングとも言うべき見晴らしのよいデッキスペース。「自然を感じながらの自分時間」をきっと楽しめることでしょう。

お隣の借景と、南に広がる街並みが、アウトドア好きのお二人にはぴったりの最高に気持ちの良い空間です。

 

カーサでは、家づくりというプロジェクトが進行する中でチームのメンバーが自らへ常に問いかけていることがあります。

 

ラ・カーサが常に自らに問いかけていること

1.住まいのカタチを固定せず、まずは自由に暮らしを描けているか。

2.ご家族の言葉の奥にある、思いの本質を読み取れているか。

3.家づくりを託してもらえる関係性をつくるれているか。

4.ご家族と同じ方向を向いてプランを立てているか。

5.家族が潜在的に抱く希望や暮らし方をデザインできているか。

6.立地を生かして、そこに暮らす家族の原風景をつくるれているか。

7.新たな暮らしや楽しみを導くような、気づきを設計できているか。

住みての思いを超えた豊かな住まいづくりのために、これは大切な基本です。

 

以上、長々とお使いいただきありがとうございました。

ラ・カーサの家づくりについてご興味が湧いた方、こちらのお住まいについてもっと知りたい方、そろそろ家づくりを計画したいと考えている方は、お気軽にラ・カーサへお問い合わせください。
 
 
「住まいづくりのご相談から竣工までの流れ」はコチラ
 

 

 

 

 

 

Share
  • LINE
  • Facebook
  • G+
ラ・カーサの家づくりがわかる laCASA BRAND Book プレゼント

ラ・カーサが考える、“何ひとつ妥協することなく理想の家を建てたい人に最初に読んでほしい本”。

お申し込みはこちら