Official Site

良い土とは? -POTAGER WORKSHOP 第一回-

shima shima | laCASA 広報
2017.03.19 古い記事
Share
  • LINE
  • Facebook
  • G+

昨日は、ラ・カーサヒルズでの第一回ポタジェワークショップ。ラ・カーサヒルズの庭を施工してくださっている花ごころの山本さん・谷さんを講師にお迎えして、土づくりについて、説明いただき、実際にラ・カーサのポタジェを耕しました。

 

ご参加の皆さんと一緒に、ワイワイ言いながらの畑作業。実は、ヤンマーのCMみたいに、スイスイと耕耘機は進めては、いけないのだそう。そのポイントでしっかり混ざるように、暫くは置いて待つのだとか。これが結構大変。

大人たちに混じって、子供たちも小さいスコップで参戦してくれました。

 

植物に土づくりはとても大切といいますが、 「いい土とは何?」と言いますと、 ・栄養が高い土 ・空気の循環がある ・水はけが良い ・微生物が豊富にいる が条件なのだそう。栄養が豊富だと、微生物が集まり、それを食べる虫が集まり、その虫の糞や死骸が栄養になり、植物が育つ。 この循環がバランス良く、沢山起こっていることがポイント!因みに、栄養状態が良いと、黒い土になるそうです。

▲左は栄養豊富な関東の土、右はラ・カーサヒルズの土。

愛知県の土はどちらかというと、水はけや栄養状態が悪いものが多いので、肥料や、土壌改良用の土を使って、土の性質を強くしてあげる必要があるのだそうです。

次回は、食べられる花エディブルフラワーの植え付けです。ヒルズの庭に一緒に植え付けをしながら、植え付けの方法や時期、苗の育て方などを一緒に学んで、実践します!その次の、エディブルフラワーのワークショップを考えながら、どの花の苗にしようか考え中です。是非、お楽しみに!今後のスケジュールはコチラ

▲エディブルフラワー

Share
  • LINE
  • Facebook
  • G+
家づくり相談
お近くのラ・カーサで新築・リノベーションについてご相談いただけます。
どんなご相談、お悩みでもお気軽にお越しください。オンラインでの相談も可能です。

家づくりを相談する