Official Site

自家製ハーブティーを愉しむ。

shima shima | laCASA 広報
2017.11.04 食事
Share
  • LINE
  • Facebook
  • G+

ラ・カーサヒルズの庭に、ハーブ園があるのをご存知でしょうか。夏にしっかり生い繁っていたハーブを収穫して、ドライハーブを作ってみました。ここから砕いたり、細かくして、ハーブティーや入浴剤、サシェ、料理のスパイスなど様々なものに利用します。今回はハーブティーにしてみました。簡単に作ることができますので、ご自宅にハーブがある方は、「自家製ハーブティー」を楽しまれてみてはいかがでしょう?

【ドライハーブの作り方】 1.まずは、お庭からハーブを収穫します。 花の部分を使用するハーブの場合は、開花して真っ盛りの元気なうちに収穫しましょう。もっと細かく指定すると、晴天が決まっている午前中、それも日が昇り切る前がベストのようです。ハーブにもよりますが、揮発性の香り物質は、気温が高くなるにつれ、その成分が飛んでしまうことがあるためです。

2.水洗いし、紙やタオルで水滴を拭き取ります。 葉に水滴が残っていると、虫の温床になったり、水が蒸発する際に葉を傷めてしまうので、拭き取りもしっかり行います。

3.ゴムや麻紐で小さい束にして、陰干しします。 風通しが良いところに干しましょう。早いものでは、1週間くらいで出来上がります。

4.茎から葉をとります。長い葉はカット、固い葉はミルで細かくし、瓶に保管。 瓶は煮沸消毒して、乾燥剤と一緒に保管します。

【ハーブティーの入れ方】 1.ティーカップとティーポットを温めておきます。 2.ティーポットに人数分のドライハーブを入れます。 ティーカップ1杯分(150cc〜180cc程度)に対して、ティースプーン山盛り1杯程度が目安。 3.ティーポットにお湯を注ぎます。 沸かしたてのお湯を使いましょう。 4.蓋をして3〜5分蒸らします。 ハーブの香りが逃げないように蓋をして、待ちましょう。

今年は、オリーブ、ユーカリ、ゼラニウム、タイム、バジル、ベルガモット、レモングラス、レモンバーベナが採れました。先日のマルシェやポタジェのワークショップで、お客様にハーブティーとしてお出ししながら、スタッフも味見しています。今後のイベントでも登場するかもしれませんので、乞うご期待!

Share
  • LINE
  • Facebook
  • G+
ラ・カーサの家づくりがわかる laCASA BRAND Book プレゼント

ラ・カーサが考える、“何ひとつ妥協することなく理想の家を建てたい人に最初に読んでほしい本”。

お申し込みはこちら