Official Site

注目のエコロジー断熱材 セルロースファイバー

2016.07.03 住まい
Share
  • LINE
  • Facebook
  • G+

ご存じのように戸建て住宅向けの断熱材には多くの種類がありますが、大きくは、【繊維系】と【発砲プラスチック系】に大別され、繊維系は更に【鉱物系】と【木質系】に分類され、発砲プラスチック系は【工場で成形されるもの】と【現場で発砲されるもの】に分かれます。

それぞれに防火、断熱、防音・吸音、調湿といった性能や価格面、環境面でのメリット・デメリットを持っていますので、オーバースペックにしておけば安心というものでは決してありません。

どういった気候の地域に、どのようなグレードやデザインの家を、どういう工法で建てるのかにより、建築会社ではそれぞれに最適と思われるものをプロの目で選定しご提案するべきものなのです。

s-0023

ラ・カーサへご相談に来られる多くの方が、自分らしさを表現したオリジナリティ溢れる空間や開放的なデザイン。そんな空間での暮らしを望まれますが、せっかく出来上がった吹き抜けが、夏暑かったり冬寒かったり、雨季にジメジメしたりしたら台無しです。

 

ラ・カーサがおすすめする「セルロースファイバー」は、商品が人体や環境に与える影響を評価するドイツの雑誌「エコテスト」でも評価の高い推奨品として紹介されている断熱材です。木々

高い断熱性能は当然のことながら、木質繊維特有の吸放湿性で適度な湿度を保つ優れものです。

原料の80%以上がリサイクルされた新聞紙を粉砕し防熱処理を施したもの。製造時のエネルギーやCO2排出量が、他の断熱材と比べて圧倒的に少ないのも大きな特徴です。

エコ意識の高い環境先進国ドイツでも、セルロースファイバー断熱材が主流となってきています。

cel_01

 

Share
  • LINE
  • Facebook
  • G+
家づくり相談
お近くのラ・カーサで新築・リノベーションについてご相談いただけます。
どんなご相談、お悩みでもお気軽にお越しください。オンラインでの相談も可能です。

家づくりを相談する