Official Site

松の内はいつまで?

P.R.O P.R.O | la CASA
2018.01.14 ライフスタイル
Share
  • LINE
  • Facebook
  • G+

2018年、皆さんはどんなスタートをきられましたか?

ラ・カーサでは社屋での新年祈祷の後、毎年成田山で工事安全のお護摩ご祈祷を行っていただいております。

 

早いもので明日は小正月。

関東では1月7日まで、関西では1月15日までを松の内とする地域が多いそうですが、皆さんがお住まいの地域はいつまででしょう?地方では15日を女正月と言って、正月中も忙しく働いてくれた本家の女性たちが、やっと一息つけるころだとか。

どちらにせよ正月納めもそろそろですね。

お正月といえばお餅。今では手軽にコンビニでも買えますが、稲作農耕の食文化の1つとして日本に伝わってきたものと言われています。

秋に収穫した貴重なもち米を研いで一晩たっぷりの水に浸し、水切りをしてセイロで蒸す。蒸しあがったもち米を臼に移して杵で米粒をつぶすようにしっかりこねる。実はこの作業が一番重労働で大変。その後の餅の仕上がりに大きく影響するんです。

そしてつぶし終わったらいよいよ「よっこいしょ~♪」「どっこいしょ~♪」とつき手とかえし手が息を合わせて滑らかな餅肌になるまでしっかりとついていきます。

こうやって手をかけてついた餅には神様からの魂が宿り、生命力が与えられる。だから、正月や祝い事といった「ハレの日」の特別な食べ物として考えられてきたのですね。

松の内の正月納めとして、ラ・カーサテラスでも、オーナー様や近隣の方々など大勢のファミリーにお越しいただき【餅つきパーティー】を楽しみました。日本の伝統文化でもある「餅つき」。ラ・カーサでは毎年スタッフ有志がリーダーとなって仕切ってくれます。もちろん餅つきの経験がない新人がほとんどなのですが、日々の多忙な業務の間をぬって、楽しみながら準備をすすめてくれます。

 

今回は、1歳になったヤギのアズキとクルミ(ラ・カーサテラスのアイドルです)にちなんで、ご参加いただいた皆様に福が来ますように「笑う門には福来る!」と、アズキとクルミの「福笑い」や「小豆と胡桃のお餅」も企画準備をしてくれました。

小さなお子様はもちろん、テレビゲームで育った30代のオーナー様たちは、「福笑い」という言葉は知っていても、それで遊んだことはほとんどないのではないでしょうか。

「福笑い」は江戸時代後期ぐらいから庶民の間で遊ばれはじめ、正月の遊びとして定着したのは明治時代と言われています。ラ・カーサのルーツである熊澤吉兵衛(初代)が、材木商として創業したのが明治35年(1902年)ですから、もしかしらた当時の木場でも正月の遊びとして楽しんでいたのかもしれません(笑)。

 

ちなみに、個人的に一番気に入ったお餅は、今回初登場の「ずんだ餅」。塩味が少し効いて、甘すぎず、きれいな若草色で、何個でもいけそう・・・独占してはいけないと2個で我慢しました(笑)。

ずんだ餡は、枝豆をゆでて、豆を取り出し、潰して、砂糖を加え、塩と水で味を調えてつくるそうです。私もぜひ次の我が家の「ハレの日」に作ってみようと思っています。

 

 

 

 

 

 

Share
  • LINE
  • Facebook
  • G+
ラ・カーサの家づくりがわかる laCASA BRAND Book プレゼント

ラ・カーサが考える、“何ひとつ妥協することなく理想の家を建てたい人に最初に読んでほしい本”。

お申し込みはこちら