Interviews

Interviews
インタビュー

今ある建物を生かした、2世帯住宅が出来上がりました。

S様邸

 

【親世帯】

自宅は、1980年に竣工した建物です。

親世帯から二世帯住宅にてリノベーションして、一緒に住まないかと話をしました。

子世帯は承諾をしてくれ、最初は展示会等のモデルハウスを見に行きました。

子世帯から「ラ・カーサへ工事を依頼したい」と相談され、自宅を設計してくれた設計事務所と工務店に相談をしました。

子世帯がラ・カ-サでと考えているのなら、親世帯の2階の改装も、設計から施工まで一緒に任せた方がうまく行くよ、というアドバイスをもらい、私たちもラ・カーサに決めました。

フロアーを分け、二世帯住宅にするので、いかに狭さを感じさせないようにするかがポイントでした。

ラ・カーサのスタッフは収納を非常に考えてくれました。

稼働棚やスライド式の棚、奥行き等を計算してくれ、狭いですが収納は十分にあります。

完成後、元々の家を設計してくれた設計事務所さんにも見てもらいましたが、それぞれのライフスタイを生かした家になりましたね、とお褒めの言葉をもらいました。

御社のおかげです。

_I9A0573

住んでからは玄関が別々なので、分ける所は分けて、一緒に出来る所は一緒にして助け合う。

そんなメリハリのある生活になりました。

何かあればインターフォンを押して会話も出来ますし、

お互いのプライバシーを大切にしながら、お隣さんのような感覚で、ちょうど良い距離感が心地いいです。

施工監督の方はとても穏やかで、難しいお願いもニコニコしながら聞いてくれて、非常に信頼出来ました。

今度は施工監督の方と一緒に飲みたいですね。(ご主人)

_I9A0361【子世帯】

親世帯からリノベーションの話があり、家づくりをしようと考えてから

最初はハウスメーカーのモデルルームや建築事務所のオープンハウス等を見に行き

その中で、好きなインテリアショップのホームページから、ラ・カーサのことを知り、オープンハウスへ行ってみました。

今ある建物を生かして、リノベーションをしたいと思っていました。

間取りや、光を取り入れる為の天窓など今の家は非常に工夫がされているので

それを大きく壊さないように、より生かせるようにしたいという要望をラ・カーサは形にしてくれる気がしました。

リノベーションをして一番良かったのは、オープンキッチンにしたことです。

友人を招いてホームパーティーをしている時も、料理をしながら会話に参加出来るし、

食事をしている友人も何を作っているのかキッチンまで見に来てくれたりして、とてもリラックスした雰囲気で楽しんでもらうことが出来ます。

_I9A0488

また間取りだけでなく、空間づくりも大切にしていた私たちにとって、照明やカーテンなどを私たちの家のイメージに合わせて担当のスタイリストの方が提案して下さったのが良かったです。

照明などを決めている時も、オープンハウスを見に行くことができ、実物を見て気に入ったものを入れてもらいました。

ラ・カーサのスタイリストは家をトータルでプロデュースしてくれるので、イメージ通りのものが出来ました。

実物を見せて欲しいとか、色のサンプルが欲しいとか、そういう細かいところまで丁寧に対応してくれました。

ラ・カーサは家を建てた後も、スタッフの皆様と一緒に親睦会をしたり、イベントがある事で交流出来るのが良いですね。

4月に行われたイベントのワークショップでつくった花台も、家に飾ってあるんですよ。 今度は是非、お料理教室や、ガーデニング教室等を開催してもらって家族で楽しみたいと思います。

もっと見ませんか?

Next

土地の購入から、建物と一緒に考えていけたのがよかった。

Prev

世界で一つのデザインに。誰も見たことないような家にしたかったんです。

ラカーサの家づくりが分かる
ブランドブックを無料プレゼント

laCASA BRAND Book
プレゼント

お近くのla CASA

住むコト、食べるコト、寛ぐコト、楽しむコト。
ワクワクする暮らしのアイデアをご体感下さい。