Interviews

五層のスキップフロアもシックなデザインも、自分たちにピッタリだと思いました。

O様邸

私たちの新築計画は、家の東側以外すべて道路に面した角地に建つ、

古い住宅を壊して行うというものでした。

土地を選ぶとき、三方が道路のためプライバシーを保てるか心配でしたが、

南の道路沿いに流れる河川の緑地帯と、西側の道路をはさんで位置する小さな公園の緑を見て、この環境に建てたいと思ったんです。

数社のハウスメーカーや工務店に相談しプランを進めていましたが、

このロケーションを活かしてもらうには、規格住宅や普通の間取りの家では難しいと感じていました。

0004

また、夫婦2人ともインテリアに興味があり、ヨーロッパのシックなインテリアの写真などを集めてスクラップブックをつくったりしていました。
けれど、自分たちが興味を持てば持つほど、相談する担当者やスタッフには、自分たち以上のセンスや感性を求めてしまいます。
…そんな背景があり、なかなか”コレだ!”と思える家に出会えませんでした。

 

そんなとき、目にしたのが「la CASA」の完成見学会の広告でした。

 

それを見たとき

「楽しんで家づくりをしている感じがする…何か違う!」

と直感したんです。もちろん、その見学会には迷わず参加しました。

見学会では、ナビゲータースタッフの女性が案内してくださいましたが、

その知識の深さやセンスに驚かずにはいられませんでした。

資金計画の面でも、建築だけでなく、引越し費用などまで含んだ諸費用などすべてを割り出して

組み込んでくださり、安心できました。

なんでもプラスするのではなく、「本当に必要かどうか?」と確認してくださるところにも好感がもてました。

新築を決め、具体的な設計に入ると

「普通の家、という感じのものはちょっと…」

という僕らの気持ちを汲み、

デザイナーさんから”五層のスキップフロア”が提案されました。

いくつものスキップがある立体的な家づくりの提案は、期待で胸がワクワクするものでした。

DSC_1237

まず一層目は玄関と水まわり。

30cm上がった二層目はダイニングキッチン。

60cm下がった三層目は私の趣味コーナー。

ダイニングキッチンから90cm上がってリビングスペース。

さらに上がって寝室・子供部屋…。

 

実際の暮らしを想像しただけで楽しくなる、そんな家づくりの提案でした。

完成し、暮らし始めてみると、設計図で見た暮らしよりさらに楽しいシーンが
そこには用意されていました。

たとえば同じ窓から眺める外の景色も、スキップフロアごとに異なります。

DSC_1844

豊かな自然をさまざまな位置、高さから楽しめるよう工夫されたデザイン。

日当たりの良さ、借景の素晴らしさは抜群。

収納も動線を考えて各フロアで完結しているため、使い勝手もいい。

家のどこにいても家族同士が気配を感じられるのもお気に入りポイントです。

今は、この暮らしをさらに愉しくしたいと、

理想の家を目指していろいろ手を加えています。

そのために僕たち夫婦も日々センスを磨いています。

そんな空間の中での夫婦+息子たちとの生活は、

まさに”暮らしを創り上げる”感覚です。

0174

完成後の今も「la CASA」にお邪魔し、店内のインテリアを参考にしたり、

スタッフのみなさんに相談にのってもらったりしています。

暮らしは自分たちで創るもの。

これからも家族全員で暮らすことを愉しみたいです。

もっと見ませんか?

Next

こう暮らしがしたい!という想いが、カタチになりました。

Prev

増築したことで、暮らし方まで変わったと喜んでいます。

ラカーサの家づくりが分かる
ブランドブックを無料プレゼント

laCASA BRAND Book
プレゼント

お近くのla CASA

住むコト、食べるコト、寛ぐコト、楽しむコト。
ワクワクする暮らしのアイデアをご体感下さい。