価値あるライフスタイルを届けるwebマガジン lacasa blog

lacasa blog

Artな時間

shima shima | laCASA 広報

2018.02.23 ライフスタイル

先日、様々なギャラリーさんが一同に集まる、ART NAGOYA 2018 に行ってきました。ホテルナゴヤキャッスルのワンフロアに、全国のギャラリーが集まり、作品を展示。絵画や彫刻、映像のインスタレーションなど様々な作品を観ることができるので、毎年楽しみにしています。

ラ・カーサヒルズで作品展示を行って頂きました【稲田早紀】さんもご出店。アクリルと鉛筆で描かれた花は独特の存在感で、ふんわりとした優しさもありながら、写実的な要素もあります。

最近は、ブルーグレーの色にハマっているそうで、背景や花の色に使うことが多いのだとか。新作もいくつか見せて頂きました。桜やミモザ、パンジーなど。下の写真にあります一見リースのように見えるのは、なんとサツマイモの根なのだそうです。家の畑から偶然出てきたサツマイモの根っこを見て描きたくなったのだとか。

作家さんと直接お話ができるのも、楽しみの一つ。作品の意図を聞いたり、自分なりの解釈を話したり、いつもとは違う刺激を頂きました。

こうしたアート鑑賞は心のストレスを軽減するのだとか。ウエストミンスター大学の研究によると、参加者に対して、美術館で一定時間絵画を鑑賞してもらったのち、体感するストレスがどう変化したかを回答してもらったところ、35分間の美術館での芸術鑑賞ののち、参加者はストレスの軽減があったと回答したそうです。実際に、ストレスホルモンとして知られるコルチゾールの減少も見られたそう。

また、新たな自分の発見にも繋がるのだとか。目で見て、「この作品好き」「この作品嫌い」という感情が生まれ、それを共有することで、自分の感情や好きなもの・嫌いなものの傾向に気づくそうです。ご家族でお互いの好みについて、話して見るのも楽しいですね。

アートというと、「知識がないと楽しめない」、「ハードルが高い」と思いがちですが、心を落ち着かせるために足を運んでみてはいかがでしょう?

シェアする

ラ・カーサの家づくりがわかる

laCASA BRAND Book
プレゼント

ラ・カーサが考える、“何ひとつ妥協することなく理想の家を
建てたい人に最初に読んでほしい本”。

お申し込みはこちら

同じカテゴリの記事

同じカテゴリの記事