価値あるライフスタイルを届けるwebマガジン lacasa blog

lacasa blog

包む文化 飾る文化

P.R.O P.R.O | la CASA

2017.12.11 ライフスタイル

仕事柄でしょうか・・・

クリスマスが近づくこの時期になると、ラッピングやウインドデコレーションなどが気になってしまいます。

 

「包む」「飾る」

そもそも”どうしても必要なモノではない”この二つ。でもそのひと手間があることで、過ごす時間や思い出、そしてライフスタイルはより鮮やかに彩られます。

「包む」「飾る」は、暮らしを豊かにしてくれる”文化”なのですね。

 

包む

年末年始は贈り物の多いシーズン。たとえ小さなものでも、相手の気持ちが伝わる贈り物が嬉しいものです。

その贈り物につきものなのが綺麗な”包装”。過剰包装こそ少なくなりましたが、包装まですべてを含んで贈り物と言っても過言ではありません。

私たちは、日常的に美しい包装に慣れ親しんでいますが、これだけ綺麗にセンス良く包装するのは日本ぐらいだとも言われています。四隅をぴったりと折り、凝った結び方のリボンをゆるみなくかける美しい包装は、日本人が持つ器用さと、几帳面さと、礼儀正しさの表れだと思うのです。

さらに日本での包む文化を紐解いてみると、その歴史を垣間見ることができます。例えば「包む」という漢字。これは象形文字のひとつで、お母さんがお腹の中で子どもを育てる姿からできたと言われています。ここから考えても、日本では「包む」という行為自体が、大切に想うものを保護し相手に敬いの心を表現するものだということがわかります。

そいったものが一つになって、きっと今の”包み”・”贈る”文化につながっているのではないでしょうか。

 

飾る

Baubles on a christmas tree

”美しく包む”ことが日本のお家芸なら、”華やかに飾る”ことは欧米などがお得意とする分野。その中でも最も力を入れるのがクリスマスの飾り付けです。

クリスマスツリーを飾る風習は1600年ごろドイツで始まったとされていますが、今では12月になると世界中がクリスマスツリーで彩られます。

このクリスマスツリーの飾り付けになくてはならないのがオーナメント。オーナメントの形にも意味があり、ベルは魔除け、クーグルと呼ばれる球は、永遠の命をもたらす木の実の象徴なのだそうです。

 

クリスマスがイベント行事として入ってきた日本では、かつては子ども向けのカラフルなライトや星などが主流でしたが、今では大人も十分楽しめるセンスの良いものが多く手に入るようになりました。そんな中で見つけたのがZODAXのクリスマス雑貨です。

1990年にロサンゼルスでホームデコレーションブランドとして誕生した【ZODAX】のコレクションは、西海岸の自然はもちろん、それ以外に南米やアジア、アフリカなどの文化や意匠にもインスパイアされたデザインが魅力の一つとなっています。

 

ZODAX のクリスマスオーナメントは一つひとつがまるで宝石のよう!

ツリーに吊るすだけでなく、壁に掛けたり、テーブルやチェストの上に一つ置くだけでも様になる。大人同士のパーティーにもぴったりのアイテムが揃っています。

もはやクリスマスは子どもたちや恋人たちだけのものではない。今年は大人のクリスマスらしく設えて、クリスマスを迎えてみたいと思います。

尚、ZODAX のクリスマスオーナメントはla CASA for living(江南)でもお買い求めいただけます。

シェアする

ラ・カーサの家づくりがわかる

laCASA BRAND Book
プレゼント

ラ・カーサが考える、“何ひとつ妥協することなく理想の家を
建てたい人に最初に読んでほしい本”。

お申し込みはこちら

同じカテゴリの記事

同じカテゴリの記事