Architect

Architect

家づくりのプロであるために

スタッフ一人ひとりが価値を生みだせる、家づくりのプロでありたい

ラ・カーサに在籍するスタッフの多くが建築士です。「なぜこんなに多くの建築士がいるのか?」「工務担当や営業などのスタッフはいないの?」 そんなことを思われる方もおられるかと思いますが、ラ・カーサでは、現場監督や、デザイナー、インテリアコーディネーターなど一般的な住宅会社では建築士の資格を持つ必要のない分野のスタッフも、建築士の資格を取得しているのです。

家として大切な機能や耐震を計算された家づくりをするために、建築士の資格をたくさんのスタッフが持っています。

それは、家づくりに携わる者として建築の深い知識を持っているのはあたり前と考えるからです。たとえ家具デザイナーだとしても、建築士の資格を持っているデザイナーと、そうでないデザイナーでは、デザインをするうえでの着眼点が全く違います。 現場監督も本来であれば建築士の資格は必要ありませんが、建築士の資格を持っている現場監督と持ってない現場監督では、どこまで細かな点まで目を配れるかが、大きく違ってきます。 デザイン性が高いのはもちろんのこと、そこに家としての大切な機能や耐震をしっかりと計算された家づくりでなければ、本当の意味での「良い家づくり」とは言えないとラ・カーサは考えています。

もっと見ませんか?

Prev

創業明治35年115年の歴史

Next

代表メッセージ

ラカーサの家づくりが分かる
ブランドブックを無料プレゼント

laCASA BRAND Book
プレゼント

お近くのla CASA

住むコト、食べるコト、寛ぐコト、楽しむコト。
ワクワクする暮らしのアイデアをご体感下さい。